BLOG

魅惑の「漆」の洗礼

2013/08/19 21:48

ただ今、わたくし、
非常にアツい残暑を過ごしております…

身体中が
痒くて、熱くて、ジリジリと…

そう。
やられましたーーー

漆。うるし。Urushi!!

初心者の洗礼…
まんまと、派手にかぶれちゃいました\(//∇//)\

20130819-210613.jpg
*汚い画像で失礼いたします…時間帯や場所によってはもっと真っ赤っか>_< 漆ってこれまで、 なんか真っ黒テカテカしてたり、日常使いではない派手な装飾(伝統工芸的な)なんかのイメージが強かったのですが、 木工を志してから、意識してみるようになると、 やっぱり美しい。 古くから使われてきているだけあって、 使われ方も実はとても幅広いし、 耐水とかの実用面でも、 天然塗料の中ではやはりピカイチ! 市販の木工製品のほとんどに使われている、 量産もしやすい安価な人工塗料は、 もちろんメリットや強みががたくさんあるから支持されているのですが、 塗装するときにガッツリとガスマスク(のようなもの)をしなくちゃならない、 いわば「身体にいい」とは言えないものなのです。 わたしたちのモノづくりは、 できるだけ国産の木を使って、 身体に優しい仕上げをしたいという想いを持っているので、 漆は、それはそれは魅力的な… 近づき難そうで、すごく近づきたい、 魅惑の存在、やったわけです。 20130819-211541.jpg
*写真のは自作ではなく、愛用させてもらってる他の作家さんの作品です

んで、先日、初体験。

「拭き漆」といって、
初心者でもやりやすく、重ね様で木目を活かした塗装も、ツヤっとした漆っぽい塗装もできる塗り方。

素敵だな、と思う先輩木工家さんたちも、よく使われている手法です。

かぶれる、とはもちろん良く良く、聞いていたし、
初めてのときは、風邪気味やったこともあり、恐る恐る。
予防の対策も万全にしてて、結果なんともなかったんですが。

昨日、小さな器に。二度目の重ね塗りをしたとき…
油断しちゃったんですね(^^;;

すぐにはかぶれなかったので気づかずに、昨日に限って、
熱めのお風呂に浸かり、
ビールをいつもより少し多めに飲んじゃったという…\(//∇//)\

血行促進~!!!

手首、首筋、肘の内側…
か、かゆい…!!

早めに寝たはいいが、寝ている間に背中やお腹周りや内腿まで…

甘く見ていた何も知らなかったわたしは、
我慢できずにあっちこっち掻いてしまい、全身に広がる羽目に…(笑)

今日は、お休み満喫ー!のつもりで蒜山高原に遊びに行ったのですが、
なんだか大人になってから前代未聞の全身のかぶれ様に、意識も散漫(^^;;

独特の木の使い方に興味があって、
地域の伝統工芸を復活されている
郷原漆器の館
さんにも行ったのですが、
気のせいか?
漆の器が展示されているのを見ていたら、どうも吐き気と眩暈でしんどくなってしまい、車で休憩のハメに。

今日行ったのが間違いやったかも(笑)

お目当てのお店のランチも、最近テレビで紹介されたとか?ビックリ超満席であきらめ、

蒜山焼きそばと高原の温玉うどん(蒜山高原のチーズが乗ってる!)を楽しんで、そそくさと帰ってきましたとさ。

20130819-212808.jpg

さあて。
噂によると、一週間くらい続くらしいですよ~(笑)
汗かくと、血行良くなると、これまたキツそう。

救いは、ここは朝晩はとっても涼しいことです。

かぶれながら、耐性もつくらしいので、メゲずにがんばります(^-^)/

この経験が、夏休みの間でよかったー!♪( ´▽`)


« »